啓発活動

「在宅診療におけるがん性疼痛緩和/歯科連携研修」開催 2012/12/03

 平成24年11月10日(土)に坪井病院の講堂において「在宅診療におけるがん性疼痛緩和/歯科連携研修」が行われ、医師・歯科医師・コメディカルを対象に院外23名、院内17名が参加しました。
 内容は在宅緩和ケアにおける医科歯科連携やがん患者さんへの口腔ケア、痛みのマネジメントとケアについて、吉田歯科医院吉田圭司先生や当院の緩和ケア部部長渡邊睦弥医師、がん性疼痛認定看護師の戸室真理子が講義を行いました。
 興味がある内容だったので参加したという受講者が多く、「麻薬の使用方法が参考になった」「医科・歯科連携を更に充実させたい」という意見も聞かれました。