当院の新型コロナウイルス感染症患者さんへの対応について 2021/01/15

当院の新型コロナウイルス感染症患者さんへの対応について


 現在、福島県内においても新型コロナウイルス感染症が蔓延しております。それに伴い当院でも、福島県からの要請に従い、新型コロナウイルス感染患者さんを受け入れております。受け入れにあたっては、一般患者さんと明確に病棟を分離し、安全確保に万全を期して行っておりますので、何卒ご安心くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
 郡山市内では、感染症指定医療機関をはじめ、複数の医療機関で重症の患者さんも含めて日々の診療にあたっており、我々も微力ながらも感染拡大防止のためにご協力をさせていただきたいと思います。当院では昨年4月より、当院かかりつけ患者さんの安全確保、さらには院内感染を起こさせないことを目的に院内に新型コロナウイルス感染対策委員会を立ち上げ、新たに感染症病棟や発熱者外来を設置するなどの院内改革に取り組んでまいりました。万が一、当院かかりつけの患者さんが新型コロナウイルス感染症に罹患された場合には、可能な限り当院で治療させていただきます。これらの取り組みは坪井病院にとどまらず、郡山市の社会・医療に貢献することができるものと確信しています。
当院では、以下のように新型コロナウイルス感染防止の取り組みを行い、皆様にお願いをしております。

@ マスクのご着用
ご来院される方につきましては、症状の有無に関わらず、マスクをご準備いただき、マスクの着用をお願い致します。

A 入院患者さんの外出・外泊自粛を要望

B 面会禁止
当面、入院患者さんの下記以外の面会は禁止とします。
1. 担当医より指示がある場合
2. 手術当日
3. 特別な理由がある場合

C 病院出入口の制限(正面玄関)

D 入口での検温の実施
サーモグラフィによる体温測定と非接触型体温計にて発熱チェックを行っております。

E 待合室での3密を避ける為の取り組み
待合室で3密を防ぐ為に一席ずつサインを貼り、密にならないよう患者さんにご協力をお願いしております。また、外来混雑時には、携帯電話での呼び出しも行っております。

F 受付・会計・院内薬局にアクリル板を設置
対面で接触する可能性のある受付では、アクリル板等で飛沫による感染予防を行っております。

G 発熱者外来の設置
検温・問診等で疑いのある方は発熱窓口専用スペースへ案内しております。
一般の患者さんとは動線を分けてご案内しております。

H 手術予定前などの患者さんに対してPCR検査を実施
対象者全員にPCR検査を実施しております。

I 肺炎患者の徹底した感染対策とゾーニングの実施
1. 発熱を有する患者や肺炎患者は、必ずPCR検査を実施し、陰性を確認後に一般病棟に入院させる。
2. 軽症および中等度症の新型コロナウイルス感染患者→感染者専用病棟

今後とも患者さんとご家族に寄り添い、優しく信頼される医療を提供できるように努力してまいりますので、皆様にはご不便をお掛け致しますが、ご理解およびご支持のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

2021年1月14日
一般財団法人慈山会医学研究所付属坪井病院 
院長  原口 秀司
副院長 杉野 圭史