来院される方へ

病理診断科のご紹介

病理診断科部長
五十嵐 誠治

病理診断科とは

 人の体から採取した組織や細胞から病気の最終診断をするところです。
 簡単にいえば、“がん”の診断を下す専門職人の集団です。


 細胞診専門医4名、細胞検査士2名から構成され、がん専門病院としてのレベル向上のため努力しております。
 当院の特徴は細胞診の専門家を多く有することで、この点は坪井栄孝名誉理事長が細胞診専門医で、開院当初から細胞診断学に力を注いできたことに起因し、さらに、日本臨床細胞学会福島県支部の設立からの福島県全体の細胞診断学のレベル向上に努めてきたことによると思われます。現在も日本臨床細胞学会福島県支部事務局は当院にあり、また、昭和62年から細胞検査士育成のための県南細胞診研修会を行い、当院のみでなく、県内の病院、検査センターからの希望者に教育し、30名以上の細胞検査士が誕生しています。

病理診断科症例検討会はこちら≫