来院される方へ

消化器外科のご紹介

副院長兼
消化器外科部長
山下 直行

 皆さんは「がん」というとどういうイメージを持っていらっしゃいますか。「治らない、特別な大変な病気だ」というイメージがあるのではないのでしょうか。確かに高度に進行したがんはいまだに治りにくいのは事実です。しかし、胃がんや大腸がんの早期がんであれば現在はかなり高い確率で治ります。また、進行がんであってもその治癒率は近年、かなり向上してきました。当科ではこのようながんの進行度に合わせた適正治療をその根本に据えて治療を行っています。早期がんでは小さな傷で行い体の負担を減らす腹腔鏡手術や、内臓を動かす神経である迷走神経の温存や、肛門に近い直腸がんでの肛門温存手術を行っています。それによって、手術後の後遺症が軽くなることもわかってきました。逆に高度に進行したがんであれば抗がん剤を組み合わせることによって治る例も出てきました。このようにがんといっても治療の方法は様々でまさにオーダーメイドのがん治療(手術)が行われる時代になってまいりました。これからもがんの進行度や患者さんの状態に合わせた適正治療を目指して頑張りたいと思います。
 セカンドオピニオンや外来での説明を詳しくお聞きなりたい場合は別に時間を決め対応させていただきます。お気軽にご相談ください宜しくお願いいたします。


胃がんの治療成績はこちら

大腸がんの治療成績はこちら