来院される方へ

緩和ケア内科のご紹介

坪井病院での緩和ケア(ホスピス)を希望される患者さんとご家族の方へ


【当院の特徴】

当院は1990年から福島県で初めてとなる緩和ケア(ホスピス)病棟を開設し治療にあたってまいりました。
病気が進行する中で痛みや倦怠感など様々な身体症状が出現する方がいます。緩和医療では、そのような症状に対して可能な限り症状緩和を目指し治療を行っています。また、病気によって様々な思いが生じ不安や苦悩することがあります。症状緩和と同時に、当院では「患者さん自身がその人らしく生きる」お手伝いすることをとても大切にしてきました。お気持ちを少しでも分かち合い和らげられるように患者さんやご家族の気持ちに寄り添いながらホスピスケアを行うように努めています。


【チーム医療】

治療には、様々な職種(各専門医・精神科医・緩和ケア病棟担当医師・認定看護師を含む看護スタッフ、薬剤師、栄養士、理学療法士、ソーシャルワーカー、ボランティアなど)がチームとなり一人ひとりの患者さんに対して、最も良い治療を検討し連携しながら行っています。 (詳しくはこちらを)


【施設】

緩和ケア(ホスピス)病棟には、ゆったりとした個室病棟や24時間使用可能な談話室、和室の家族控室、簡易キッチンなどを用意し、家で生活するのと変わらないようなくつろげる環境づくりをしています。 (詳しくはこちらを)


【治療場所の選択】

一度当院で治療を開始された患者さんは、責任をもって治療を継続できる体制づくりを行っています。入院治療、通院治療、自宅での治療など患者さんの希望に添えられるように配慮していますので安心してケアをお任せ下さい。当院で初診される患者さんの例の一部を下記にお示ししました。


〜初診される患者さんの例〜


ご本人が来られない状態でもご家族の方のみ受診されて相談される方も多数いらっしゃいます。分からないことがありましたらお気軽にご相談ください。(詳しくはこちらを)