啓発活動

肺の日記念市民健康フォーラムを開催しました 2010/08/01

今年も坪井病院では、8月1日「肺の日」に「喘息(ぜんそく)」をテーマとして「肺の日記念市民健康フォーラム」をビックパレットふくしまにて開催しました。

坪井永保副院長が喘息にまつわる必要な知識を分かりやすく「喘息を知って、うまくつきあうために〜自分が、家族が、友達が〜」と題して基調講演を行いました。
続いてスピードスケート長野五輪金メダリストの清水宏保さんをお迎えして坪井永保副院長とアスリート対談を行いました。ご自身の経験を一つ一つ丁寧に、また喘息という病気について熱く語っていただきました。さすがは世界の頂点に立たれたアスリート! 会場の人々を惹きつける魅力に溢れていました。

講演前後の肺年齢測定等の体験コーナーにも多くの方々がご体験いただき大盛況でした。