私の属するイビキ同盟(仮称)にはマウスピースを使用している方がいます。CPAP装置とマウスピースの治療法は、どのようにして決められるのですか?(53才、男性)
いびき同盟の方々も、いびきの程度が、小さい方から大きな方、無呼吸を伴っている方様々と思います.マウスピース、CPAPも病状に合わせて、処方する必要があります。マウスピースは、軽症から、中等症(無呼吸低呼吸指数が30以下)の方に有効です.しかし、入れ歯の方や歯槽膿漏の方はマウスピースは使えません。いびき、無呼吸のマウスピースを作成できる歯科医を受診してください。マウスピースの利点は、小さいので携帯性が良いこと、電源がなくてもしよう可能なこと、出張時や旅行の際に便利です。また、若い女性で、いびきに困っている方も是非試してみると良いと思います。SASの治療には多くの治療選択があり、また単独ではなく、CPAPとマウスピースの併用も可能です。重症なSASの方は、CPAPのほうが良いと思います。より良い治療を受けられるように、これから皆さんに多くの情報を提供いたします。(成井浩司)